よく出産経験のある産後ママは

こんな風に言う方がいらっしゃいます。

「出産した後に骨盤矯正しなかったのよね~」

「ちゃんと骨盤矯正で骨盤を締めておけばよかった」

そもそも本当に骨盤矯正は必要なのでしょうか?

今回は、沖縄で産後の骨盤矯正は本当に必要なのかを考えていきます。

骨盤矯正という魔法の言葉

産後の体の変化について詳しくは上記リンクに書いていますが

産後は体の変化が大きいので

骨盤矯正という広告される言葉にすがりたくなってしまいます。

「骨盤矯正」「骨盤を締める」

こんなワードが目につきますよね。

まるでなんでも治すことのできる魔法の言葉のように「骨盤矯正」という言葉が使われています。

骨盤を矯正するということを多くの方がイメージする

骨盤を締めるという方向に無理やりすることもできると思います。

しかし一時的に・限定的な効果になってしまうことが多いようです。

・立っているときに左右非対称で立っている

・横向きに寝ている

・ついつい座っているときに足を組んでしまう。

・いつも横座りをしている

こんな癖によってすぐに戻ってしまいます。

一時的に骨盤を動かそうとするのではなく根本的な解決が必要になってきます。

沖縄の産後ママが骨盤矯正したいのはなぜ?

そもそも沖縄の産後ママたちが骨盤矯正をしたいと思うのはなぜでしょうか。

ここが一番大切なポイントになってくると思います。

・産後から歩くときに股関節がぐらぐらする

・出産後から尾骨あたりに痛みがでる

・出産後から立ち上がり時に恥骨に痛みがある

・妊娠中・産後から腰痛がある

・産後お腹がぽっこりしている

など骨盤矯正を必要としている理由は様々です。

本当に骨盤を矯正するだけでいいの?

産後ママたちが困っている症状は妊娠後から新しく出る症状の女性もいれば

昔、痛めて改善された部位の痛みが出てくる(例えば腰椎椎間板ヘルニア、腰痛、しびれ)

もしくは妊娠中は治まっていたけど以前よりも強い痛みが出たなど

もともと持っていた痛みが再度ぶり返してしまうこともあります。

それなのに骨盤だけに原因を求めても産後ママが困っている症状は解決できません。

G`handsでの解決方法

G`handsでは

どうして沖縄の産後ママが困っている症状が出てしまったのか

なぜその筋肉や関節に負担が来ているのかを突き止めます。

体の痛みについては

痛みの状態(どのような姿勢で・いつから・どのような動きで痛みがでる)を詳しくお聞きして

体の負担がどこに来ているのかを突き止めていきます。

同じ産後ママで同じ症状がある方を比べても体の使い方が違えば

原因は異なってきます。

G`handsはそれをおひとり、おひとりに合わせて、全身から整えていき

根本となる原因を突き止め、筋膜リリースにより問題を解決に導きます。

体の動きの悪くなっている部分を調整して

育児が楽にできる体を作り

産後の体の痛みによるトラブルの予防をすることができます。

賢い沖縄の産後ママたちは骨盤矯正ではなく

「産後リハビリ」「筋膜ケア」をしてみませんか。

おすすめの記事