なかなかほかの人に相談することができない『尿もれ』

女性・男性・スポーツ学生ともに大きな悩みとなります。

今回はそんなみんなが影で悩んでいる『尿もれ』について詳しくご説明していきます。

目次
 腹圧性尿失禁とは
 どんな人がなるの??
 腹圧性尿失禁の原因
 腹圧性尿失禁の対処法
切迫性尿失禁
 切迫性尿失禁とは
 切迫性尿失禁の原因 
 切迫性尿失禁の対処法

混合性尿失禁

 混合性尿失禁とは
 混合性尿失禁の原因
 混合性尿失禁の対処法

尿失禁・尿もれとは?

自分が意図していないのにおしっこが漏れてしまうことをいいます。

社会的にも衛生的にも日常生活に影響を及ぼします。

40歳以上の女性の4割以上が尿失禁つまり尿もれを経験しています。

尿失禁のタイプはいくつかありますが主に

・腹圧性尿失禁

・切迫性尿失禁

・混合性尿失禁

があります。

ここに過活動膀胱も含まれることがあります。

過活動膀胱とは

尿意切迫感を主症状としてこれに頻尿、切迫性尿失禁を伴う症候群をいいます。

高齢になるほどこの症状で悩んでいる人が多くなると言われています。

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁とは

くしゃみ、咳、歩く、走る、重いものを持つ、階段を下りるなどの普段の生活

縄跳び、トランポリンなどのジャンプ、サッカー、バスケットなどのスポーツしているとき

これらのようお腹に力が入ったときに尿漏れしてしまうタイプの尿漏れを腹圧性尿失禁と言います。

普段、じっとしていれば漏れないのが特徴です。

骨盤底筋(自転車に乗ったときにサドルにあたる部分)が出産や加齢に伴って弱くなることが関係しています。

どんな人がなるの??

男性

男性では前立腺癌などの手術後などから腹圧性尿失禁になる方が多いようです。

妊娠中・出産後の女性

妊娠中から尿漏れの割合は増えてきます。

出産後の女性は育児で忙しく泌尿器科を受診できなかったり

少しの量だからと尿漏れパッドを使用して我慢している方が多いようです。

仕事に復帰するにあたり悩まれている方もいます。

スポーツしている方

いつもお腹に力を入れてプレーをしていると尿もれを起こしてしまう方がいらっしゃいます。

スポーツを一生懸命している小学生・中学生・高校生くらいの子でも

実は尿もれをしているという子が多くいます。

沖縄では多くの方が泌尿器科クリニックに行くか悩んで受診していない方が多くいます。

腹圧性尿失禁の原因

骨盤底筋が弱くなったから尿もれが起こる!とよく言われています。

ただ骨盤底筋が弱くなっただけでなく

骨盤底筋の弱くなったことに伴い

・尿道がグラグラになっている

・膀胱をしめる括約筋がスカスカになっている

この二つが重要なポイントとなります。

つまり、自分で意識できる骨盤底筋だけではなく尿道の問題、膀胱の問題

この二つの問題が大きく関係しています

腹圧性尿失禁の対処法

骨盤底筋が弱くなったことに対しては骨盤底筋体操はエビデンスもあり効果があるとされています。

ですが

  • 尿道の問題
  • 膀胱の問題

骨盤底筋体操だけでは解決せず

膀胱と尿道がしっかり働くような環境を整えなければなりません

ここに筋膜が関与していると言われています。

また

・自分で骨盤底筋の収縮を感じることができない

・間違った方法で骨盤底筋体操をしている

これに当てはまる方は専門家の助言が必要です。

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁とは

まぜぶれなく突然に起こる尿意と同時に我慢できなくなくて尿がもれてしまうことを切迫性尿失禁と言います。

よくテレビCMでも『過活動膀胱』という名前を聞きませんか?

この切迫性尿失禁の症状は過活動膀胱に含まれます。

この切迫性尿失禁は何がきっかけになるかわかりません。

  • 水に触れたとき
  • トイレの前に立ったとき
  • 水が流れる音を聞いたとき

このように触れたり、音を聞いたりすることが刺激となり

膀胱の収縮を引き起こします。

これは急にトイレに行きたくなってしまい、どのようなことがきっかけかわからないため

腹圧性尿失禁の方よりも日常生活に影響が出て

外出・仕事などをするのが困難になってきます。

とても精神的に負担が大きいと考えられます。

切迫性尿失禁の原因

脳血管障害やパーキンソン病など神経由来で原因がはっきりしている場合もありますが

多くの場合は原因がはっきりせず、膀胱が勝手に収縮してしまい

切迫性尿失禁になったり尿意切迫感を感じたりします。

前立腺肥大症、加齢、骨盤底筋が弱くなることが原因のこともあります。

つまり切迫性尿失禁も自分で意識ができないところが原因とされています。

切迫性尿失禁の対応

骨盤底筋体操に効果があるとも言われていますが

一般的に切迫性尿失禁は膀胱訓練という膀胱におしっこをためる練習が効果的です。

また自分で意図せず膀胱が収縮してしまうので投薬治療も効果的と言われています。

膀胱がうまく機能していないという点で言えば腹圧性尿失禁と同様に筋膜のコントロールで改善が期待できます

混合性尿失禁

混合性尿失禁とは

尿もれの種類として二つお伝えしてきましたが、女性の場合は混合型が多いと言われています。

そのため純粋に腹圧性尿失禁・切迫性尿失禁と100%区別することが難しい場合もあります。

どちらの要素が強いのかを判断し、治療や対処法を考えることが必要です。

混合性尿失禁の原因

混合性尿失禁の原因は腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両方が原因と考えられます。

混合性尿失禁の対応

まずは

腹圧性尿失禁の傾向が強いのか

切迫性尿失禁の傾向が強いのか

より強い傾向の失禁に対してアプローチを行います。

腹圧性尿失禁にも切迫性尿失禁にも骨盤底筋体操は有効とされていますので

骨盤底筋体操から始めてみるのも良いかと思います。

ぜひ専門家からの指導を受けていただくことをおすすめします。

まとめ

尿もれは産前産後、中高生のスポーツを熱心にしている学生、更年期、高齢者と幅広い方が悩みとして苦しんでいます。

沖縄でも泌尿器科や婦人科で骨盤底筋体操を取り入れて指導していたりしますが

骨盤底筋体操の紙を渡され一人で行うように指導されることもあるようです。

骨盤底筋体操はコツをつかむのに時間がかかり1人で行うのはとても難しいことだったりします。

間違った方法で続けていると悪化する可能性もあるので

ぜひ定期的に専門家に相談しながらエクササイズを行ってみてくださいね。

おすすめの記事