産後・更年期・高齢になってくるとともに問題となってくる尿もれ

尿漏れパッドやシート、尿漏れ対策パンツなどを利用したりして誰にも言えず悩んでいる沖縄の女性が多いと思います。

排尿についての普通ってほかの人と話したりしないので普通ってわからないですよね。

 

目次
1.普通の排尿 判断ポイントは?
2.みんなが抱えているおしっこの悩み
3.尿漏れの重症度チェック
4.ジーハンズの尿漏れの施術方法

普通の排尿 判断ポイントは?

一番の判断基準は

・尿を感じても排尿しても良い場所を見つけるまでもれることなく我慢ができる

・たまっている分を最後まで出し切ることができる

の2つのポイントです。

この二つができないと日常生活に支障が出てきます。

その他に泌尿器科でチェックされる普通の排尿としてのポイントは

・力を入れないでおしっこを出せる

・尿漏れがない

・尿意を感じても排尿してよい場所を見つけるまで我慢ができる

・最後までおしっこを出すことができ、残尿感がない

・夜におしっこのために起きることがない

・おしっこが途中で途切れたり、飛び散ったり、おわらなかったりしない

・おしっこの量はコップ一杯程度で200~400ml

・おしっこをしている時間は20~30秒くらい

・排尿回数5-7回

・尿間隔3-5時間に一回

どれも聞いただけで大変そうです。

みんなが抱えているおしっこの悩み

よくあるおしっこの悩みとしては

・急にトイレに行きたくなり、間に合わないかもしれないとひやひやしてしまう

・家事や電話中にすぐにトイレに行きたくなってしまう

・夜、何度もトイレに起きてよく眠れない

・尿が漏れて恥ずかしい思いをした

・長時間の外出を避けている

・トイレが気になって楽しめない

こんなおしっこのトラブルが続くと悩んでしまい精神的負担につながります。

おしっこのせいで色々なことをあきらめてしまうことになり生活に支障が出てきてしまうのです。

尿漏れの重症度チェック

排尿の問題は命に危険をもたらすようなものは少ないですが

直接生活に影響するので当事者はとてもつらい思いをされています。

尿漏れの重症度がわかる質問(ICIQ -SFより)があります。

チェックしてみましょう。

3つの質問の合計点数を出してみてくださいね。

1.どれくらいの頻度で尿がもれますか?
・なし(0点)
・おおよそ1週間に1回あるいはそれ以下(1点)
・1週間に2~3回(2点)
・おおよそ1日に1回(3点)
・1日に数回(4点)
・常に(5点)
2.どれくらいの量の尿漏れがあるとおもいますか?
(尿漏れパットなどを使う、使わないにかかわらず通常はどれくらいの尿漏れがありますか)
・なし(0点)
・少量(2点)
・中等量(4点)
・多量(6点)
3.全体としてあなたの毎日の生活は尿漏れのためどれくらい損なわれていますか?
0から10の点数で点をつけてください。
0・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10
全くない               非常に

 

21点中何点でしたでしょうか?

この質問では点数が高いほど重症と判断されます。

いつもはこれくらいは大丈夫と考えていた方も数値にすると客観的に見ることができるのではないでしょうか。

チェックをしてみて気になった方は専門家にご相談くださいね。

症状別に詳しく見たい方は下のリンクを見てくださいね。

ジーハンズの尿漏れの施術方法

ジーハンズでは尿漏れに対して

筋膜からのアプローチと自分でできる尿漏れ体操をお伝えしています。

尿失禁はよく骨盤底筋が弱くなっていることが原因と言います。

そもそも骨盤底筋を動かしてくださいと言われても動かす感覚すら掴めない産後ママや高齢の女性が多くいらっしゃいます。

筋膜からのアプローチで骨盤底筋が動く感覚を掴めるように体を整え尿漏れ体操で尿もれしにくい体づくりを目指していきます。

気になった方はぜひご相談くださいね。

おすすめの記事