坐骨神経痛は病院に勤めていた頃も長引きやすい症状の1つでした。

でも、今はそうは思いません。

 

しっかり原因を突き止めることができれば、坐骨神経痛は良くなる人の方が多いです。

その原因を突き止めるために”筋膜”が大切なのです。

 

今回は坐骨神経痛に筋膜がいい3つの理由について綴っていきます。

 

その前に…

坐骨神経痛とは?

 腰仙部坐骨神経の支配領域、すなわち、臀部、下肢後面あるいは、下肢外側面へ放散する疼痛自体、あるいは疼痛を有する症候群の総称

【日本整形外科学会より】

 

要するに、「お尻から足の後面や外側に広がる痛みや痺れ症状」ということになります。

 

坐骨神経痛は病名ではなく、症状ということです。

その原因はまたいくつか存在します。

 

病院では、レントゲンやMRI検査などの結果から、「腰椎椎間板ヘルニア」、「腰椎すべり症」、「脊柱管狭窄症」などといった診断名(病名)がつきます。(※正確にはこれらも症状)

 

でもこれら骨や椎間板といった構造が原因の場合よりも、筋・筋膜による影響の方が圧倒的に多いと言われています。

 

 

坐骨神経痛と筋膜

今坐骨神経痛で悩んでいらっしゃるあなたも、Googleで検索してみたりしてわかっているかもしれませんが、坐骨神経痛の症状は、「梨状筋という筋肉に坐骨神経が圧迫されて起こる」と良く言われています。

 

 

もちろん梨状筋をストレッチすると効果があることが多いです。

ですが、そのまま改善していく場合と、効果が一時的でまたすぐ戻る場合とがあります。

 

このすぐ戻る場合に一番大事なのは、梨状筋が固くなる根本原因を治療することです。

根本原因が解決していないと、症状をぶり返したり、かがむのが怖かったり、ずっと不安な状態が続いてしまいます。

 

その根本原因を見つけ出すときに大切なのが「筋膜」なんです。

筋膜は全身を覆っているため、痛みの部位ではなく、離れた原因も探ることができます。

 

この図を見てください。

  • デスクワークで背中や肩甲骨周りのコリがひどい方
  • 立ち仕事でふくらはぎや足首の硬さが強い方
  • ママさんや保育士さんで抱っこしすぎでわき腹が硬い方

などなど、様々な場合がございます。

 

原因がお尻にないことも多いので、いくらお尻をマッサージしても、ストレッチしても、根本原因が違う場所にあるので、なかなか良くなっていきません。

 

ジーハンズの筋膜神経療法は筋膜の、

  1. 全身が筋膜で繋がっている
  2. 根本原因のほとんどが筋膜
  3. 長引く痛みに効果的

といった3つの理由を最大限利用して坐骨神経痛を解決していきます。

 

なかなか良くなっていない坐骨神経痛でお悩みのあなた、少し視点を変えて、その辛さを解消していくことができるかもしれません。

 

 

おすすめの記事