頭痛

頭痛で困っているあなたが知っておきたいポイント

LINEで送る
Pocket

オープン前のコンディショニングのお客様が頭痛で悩んでいらっしゃいました。

頭痛って、意外とこんな声を聞いたりすることが多いです。

A「私、片頭痛持ちなんです」

B「昔からたまに頭痛はあるんですよぉ」

そうなんです、頭痛持ちっていう自分に納得していて、治らないのが当たり前と思っているんですね。

でも、やっぱり無いほうが心もカラダも落ち着きます。

では、何で頭痛になっているんでしょうか?

 

頭痛が続いていることで起こりうるデメリット

1.頭痛薬が手放せない。どんどん増えるし、強い薬に変わっていくことも少なくありません。

2.頭痛があることで、頭部や首に筋肉の緊張が残ってしまい、肩痛や腰痛の原因になることもあります。

3.頭痛時はイライラして、仕事も捗らないし、家族へもつい当たってしまいます。

 

 

できれば、薬は無くしたいし、無駄な筋肉のコリもとっておきたい。

そして、職場でも家庭でも笑顔で痛いですよね。

 

慢性頭痛の3つのタイプ

①頚性頭痛(首の筋肉の硬さが原因で起こる頭痛)

頚や背骨の骨格のゆがみ、腕の硬さや、時には下半身の骨格のゆがみが影響することがあります。
症状的には、頚を動かすと症状が出る、後頭部を押したら強くなる、頭痛の場所が左右に動いたりせず一か所に出るなどが特徴的です。

 

②片頭痛

よく知られていますが、2~3日続くたまにくる頭痛で、拍動性(ドクッドクッとリズムがある)があるのも特徴です。一般的な治療ではよくなりません。先ほど合ったように、ほぼ皆さん諦めているのが実際のところです。
気圧の影響を受けることも少なくないです。雨の日や、どんよりした日、飛行機のフライト時にくるのもこれです。

 

③緊張型頭痛

両側にくることもあり、頭部を締め付けられるような圧迫感が生じます。
眼精疲労との関連や、顎関節症・歯ぎしり、自律神経とも密接に関わっています。

 

この②片頭痛と、③緊張型頭痛は、頭蓋骨調整や、顎関節の調整、背骨の中にある脊髄の流れをスムーズにすることで改善することが多いです。

1番はあなたの1番の要因をしっかり見極めて、ちゃんと調整することが大事です。

過剰な緊張が抜けないことも要因の一つですので、リラックス効果があるアロマオイル(ラベンダーなど)などの併用も効果的です。ご自宅でアロマをされている方は、ぜひお試しすることをオススメします。

 

こんな時はすぐに脳神経外科へ!!

①いつもは頭痛もちではないが、最近から強い頭痛がある。もしくは、もともと頭痛もちではあるが、今回のは今までにないような最悪の頭痛。

②項部硬直(仰向けで頭を持ち上げると体まで持ち上がる)、手や足の麻痺や痺れ、視野が半分になった、手や足がおぼつかない、意識がもうろうとしているなどの症状があるとき。

 

 

まずは、自分の頭痛をしっかり把握して、しっかり対応すれば、自然なカラダに戻れます。

薬で抑えることなく、自分でコントロールできるカラダを目指しましょう。

 

G’handsは、「何とかしたい」「頑張りたい」を全力で応援サポート致します。

痛みの解決処。

何とかするきっかけの場所。

G’hands…

 

予約はコチラから
https://g-hands.net/menu/

*****************************************

沖縄で唯一の筋膜調整専門サロン

Physio salon   G’hands
フィジオサロン ジーハンズ

那覇市金城5-1-1 Waビル301号

営業時間
平日:14:00 - 20:00
土曜:9:00 - 16:00
日祝:定休日

 HP :http://g-hands.net
Mail: ghands.okinawa@gmail.com

*****************************************

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA