News内部症状痛み情報

子宮内膜症やぜんそくなど、カラダの内部症状も痛みに関わるという真実

LINEで送る
Pocket

先日、8日間サロンをお休みさせていただき、Fascial Manipulation 国際コースを受講して参りました。

 

内容は、内部症状がカラダの痛みと関連性が強い場合の治療手法を学ぶコースです。

筋膜の本場、イタリアの講師陣が来日して理論と技術を伝えてくれる貴重な時間でした。

 

 

1ヶ月の3分の1もの期間をお店を閉めてまで参加するのは、なかなか治らない痛みの原因に、筋肉だけではなく、内部症状が関与しているケースが非常に多いからなのです。

 

 

内部症状 というのは、

ぜんそく気管支炎肺炎などの呼吸器。

逆流性食道炎胃潰瘍腸炎などの消化器。

子宮内膜症子宮筋腫甲状腺症状などのホルモン。

肝臓や腎臓、その他多くのカラダの内部の症状が痛みと関与しています。

 

その他、翼状片などの目の症状、

中耳炎メニエール

カラダの症状はずべて繋がっているので、全身から整える必要があります。

 

その真実を知らずに、痛みの治療に当たるということは、半分は不透明なまま治療していることになります。

 

講師のFrancesco(イタリア・理学療法士)

 

 

では、どんな影響があるのでしょうか…

 

気管支炎 と 肩こり

子宮筋腫 と 腰痛

腸炎 と 強い生理痛

翼状片(目) と 肩こり・頭痛

子宮症状腸炎 と 肛門痛

ぜんそく と 手のしびれ

などなど

 

例を挙げたらもうきりがありません。

 

このほかにも、

不妊症も腰痛と関わっていますし、

不妊症自体もカラダの筋膜のバランスが要因の1つであることも少なくありません。

 

このことから、

カラダは全て繋がっているので、

今出ている症状だけに目がいっていては、

良くなるものも、なかなか治りません。

 

 

とくに、

先週、足をひねってあとから痛む。

先月、仕事で荷物を持ってあとから痛む。

といった、明らかなきっかけがない場合

カラダの内部に目を向けることがとても重要です。

 

 

いつの間にか痛くなっている。

気づいたらだんだん痺れていた。

 

「前から肩こりだから…」

「私、腰痛持ちだから…」

 

諦めていたその悩みも、カラダの内部に原因が隠れていることが多いんです。

 

 

その原因って全身のバランスを見ないと、

なかなか良くなるきっかけをつかめません。

 

思いがけない内部の不調が、カラダの痛みに影響しています。

 

 

ジーハンズは治らない痛み専門サロンです。

病院や医療関係者からの紹介が多いのが特徴です。

医療連携もしており、安心してご相談することができます。

 

 

なかなか良くならない痛みやしびれ、

気になる内部症状がある方は、

全身から整えるジーハンズの筋膜調整にぜひご相談ください。

 

 

***

予約が取りづらくなってきており、ご不便おかけしております。

できるだけお早めの日程調整をオススメしております。

ですがですが!!

これを読んでいただいたくび痛でお困りの方は、個別にLineやメールで時間外で予約調整することも可能です。お急ぎの方は、お気軽にお問い合わせしてみてください。

下記からお問い合わせ可能です。

 

ご予約・お問い合わせ

24時間対応のネット予約でスムーズ予約

RESERVA予約システムから予約する

お問い合わせはLINEが便利でカンタン!

直接電話で確認する

080-4315-1423

※施術中はご対応できません。

 折り返しお電話差し上げますので、

 お名前、ご相談内容

 を留守番電話に残していただけますと、

 対応がスムーズです。

 

アクセス

〒901-0155 沖縄県那覇市金城5-1-1 Waビル301

・イオン那覇店近く
・モノレール沿線沿い
・ビル3階テナントフロア

営業時間
平日:9:00 – 19:00(最終受付)
土曜:9:00 – 17:00(最終受付)
日祝:定休日

※完全予約制

駐車場
24台可能
(共用ですので1階駐車場はどこでもOK)

モノレール
「小禄駅」から下車
沿線上を奥武山公園向けに徒歩2分

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA