痛みで困らない沖縄を創っていく

ジーハンズの比嘉です。

 

ずっと痛みで困っている方が、その場で笑顔に変わるとき。

その瞬間が、この仕事のやりがいでもあり、一番嬉しい瞬間です。

 

 

ジーハンズの痛みの原因を対処する技術には、

なかなか良くならない痛みを解消する秘密があります、

今回は、それをできるだけ分かりやすくお伝えできればと思います。

 

 

ジーハンズの痛みの理由を解消する手法
  1. からだの癖のパターンを見抜く
  2. 細かいカウンセリング
  3. 本当の原因を突き止める
  4. 万全のアフターケア

 

 

1. からだの癖のパターンを見抜く

あなたの体には動きやすい癖のパターンがあります。

例えば、上の戸棚の物を取るときに、

 

①まっすぐ背伸びする人

②横を向いて体を側面を反らす人

③正面を向いているけど体を捻って片手で取る人

 

いろんな人がいます。

これは、仕事の種類による癖や、これまでの生活の中で生まれた癖。

そして、だんだん自分の親に歩き方や姿勢が似てくるように、遺伝の影響もあります。

 

このパターンは、みなさん違いますので、それをチェックすることで、痛みの解消につながるヒントを得ることができます。

逆に、それを考慮しないで腰痛だからといって、同じ施術をしてしまうと、なかなか良くならない原因にもなります。

 

 

(Fascial Manipulation Associationより引用)

 

 

2. 細かいカウセリング

ジーハンズでは、痛みのカウンセリングをとても大切にしています。

過去の怪我
 骨折、捻挫、交通事故など

今は気にならない以前あった痛み
 腰痛、肩こり、頭痛など

生活の不調
 歯ぎしり、めまい、顎関節症、中耳炎、喘息など

 

こういった情報は、今困っている痛みに影響していることが多いのです。一見、関係ないような過去の症状も、思わぬヒントになることが多いので、カウンセリングはとても重要です。

 

 

3. 本当の原因を突き止める

ジーハンズの他との1番の大きな違いはここです。

だいたい痛みがある場所は原因ではありません。逆に頑張ってかばっている被害者です。

腰痛でも、PC作業で凝っている腕からきている場合もあれば、

腕や足の硬さが肩こりや頭痛に繋がり、腰にまで広がっているケースもあります。

(実際の施術例です)

同じ腰痛でも、身体の動きの癖も違いますし、仕事も違います。ましてや、体格や性別も違いますので、原因が同じはずがありません。十人十色ですね。

 

4. 万全のアフターケア

一度で再発なく痛みが解消される方も多くいます。ですが、正直、継続してメンテナンスを必要とする方もいらっしゃいます。

その方にあったオーダーメイドな、お家でできるセルフケアも紹介します。

さらにはLINEでご相談しながら、細かくサポートしてすることもできます。

 

沖縄の長引く痛みで困っている方を一人でも多く笑顔に。

慢性痛み専門の「ジーハンズ」。

あなたの最後の砦になるべく、日々精進。

 

 

 

おすすめの記事