坐骨神経痛

坐骨神経痛に効果がある筋膜調整|沖縄・那覇|

LINEで送る
Pocket

 

沖縄・那覇で筋膜調整コンディショニングをしていますG’handsです。

今回は、坐骨神経痛でお困りの方に対する解説と対策をお伝えいたします。

 

筋膜調整の前に、坐骨神経痛とは?

 腰仙部坐骨神経の支配領域、すなわち、臀部、下肢後面あるいは、下肢外側面へ放散する疼痛自体、あるいは疼痛を有する症候群の総称

【日本整形外科学会より】

 

 要するに、「お尻から脚の後面や外側に広がる痛みや痺れ症状」ということになります。

 坐骨神経痛は病名ではなく、症状の名称なので、上記のような症状を “坐骨神経痛” といい、その原因はまたいくつか存在します。

 このような症状で病院にかかった場合、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症の可能性を診察にて検査していきます。

 これらの診断名がついた場合、「腰を曲げるときに足に痛みが走る」「立ち上がるときに必ず足に痺れと痛みが走る」など、同じ動きを何度やっても症状が出るという特徴があります。

 

坐骨神経と筋膜調整

 専門医の治療を受けても、経過が思わしくない場合は、「筋膜」の治療(筋膜リリース・筋膜マニュピレーション、筋膜ストレッチ)をお薦め致します。

 坐骨神経は梨状筋という筋肉に圧迫されて症状が出ると良く言われています。

 もちろん梨状筋をストレッチすると効果があります。この場合、そのまま改善していく場合と、またすぐ戻る場合とがあります。このすぐ戻る場合に一番大事なのは、梨状筋が固くなる根本原因を治療することです。根本原因の改善無くしては、再発したり、良くならないことも多いです。

 その根本原因は、筋膜の繋がりで、他の離れた部位にあることも少なくありません。

 図のように、首や背中、腰の張りが筋膜を通じてお尻の痛みに繋がったり、ふくらはぎの固さが同じようにお尻の症状に影響することも多々あります。この場合、いくらお尻をマッサージしても、ストレッチしても、根本原因が違う場所にあるので、なかなか良くなっていきません。

 

 このような状況を解決していくのが、筋膜調整です。筋膜をストレッチしたり、リリース(解きほぐす)したり、マニュピレーション(摩擦熱による治療技術)することが有効になってきます。

 

 坐骨神経痛は、日常生活の笑顔を奪う大変な症状の1つではありますが、しっかりとした対応、対策をすることで、その後の改善度は大きく変わってきます。まずはあきらめる前に、専門家に筋膜調整をしてもらうことをお勧めいたします。あなたの症状が1日でも早く解決されますように祈っております。

 

フィジオサロン G’hands 比嘉

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA