くび痛クライアント肩こり

病院に行くほどでもない「肩こり」を今、改善する理由

LINEで送る
Pocket

「肩がこっているんだけど、病院に行くほどでもないんです。」

こういう方結構多いですよね。

思い当たるあなたもその1人でしょうか。

 

 

さて、今回はそんな自分では重症ではないと思っている肩こりを、なぜ、今改善したほうがいいのかをお話ししていきます。

 

今回お困りの方は、「肩こり」「首の痛み」「足のむくみ」「最近現れた腰痛」でお困りでした。

中でも、ジムで運動しても、なかなか取れない「首の痛み」が気になっているとのことでした。

 

フィジオサロンG’hands ではこのように複数症状がある場合、カラダの歴史を紐解くように、筋膜で辿っていけるように、年表式にその症状をまとめていきます。

 

そうすると、

25年前 「肩こり」(高校生の頃、奥歯を抜歯した後から)

10年前 「足のむくみ」(販売の仕事上、立ち仕事が多く)

3年前  「首の痛み」(上を向くと痛む)

2-3日前 「腰痛」(強い痛みではない)

 

というカラダの歴史がわかってきました。

専門家向けではないので、細かい検査・評価は省きますが、一番お困りの首の痛みは、実は肩こり、もっと細かくいうと、右の鎖骨の下の筋肉の張りが痛みを誘発していて、その張りは、右の奥歯に近い筋肉(外側翼突筋)と、右手首の硬さが原因でした。

 

奥歯に近い筋肉と、手首を調整して、そして自分で出来る肩甲骨周りのエクササイズをすると、首の痛みが楽になっていることがわかります。

 

 

ここで考えられるのは、

一番古い肩こりによる肩まわりの硬さ

       ↓

手をよく使う販売の仕事による負担(品出しなど)

       ↓

これで右肩〜腕が、なで肩のように前へ引っ張られた姿勢

       ↓

背中が丸まってしまう

       ↓

上を向く時に首に負担が集中

 

と言ったストーリーが見えてくるのです。

 

背中が丸くなる姿勢になると、背骨を反る時に首への負担が大きくなる。

 

大前提の「肩こり」があったために、それを体全体でカバーしていった結果、一番負担を背負うことになった首が、痛みの対象になっていたわけです。

 

もちろん腰痛も同じようにストーリーがあります。

 

このように、「病院へ行くほどでも肩こり」が、あとあと、他の部位に痛みを出してしまうことは多々見られます。

病院へ行くと「病名」がついて、病気(疾患)と診断されます。

 

病気になる前にカラダをメンテナンスしたり、ボディケアしたり、未然に防ぐことがとても大事になってきます。

単なる肩こりでも、今一度自分の体と向き合って、健康的なカラダを手に入れましょう。

 

カラダを大切にすることは自分の未来を守ることになるのです。

 

 

G’hands の予約はコチラ
https://g-hands.net/schedule/

料金・メニューはコチラ
https://g-hands.net/menu/

予約がお手軽にできるLINE@会員募集中!
https://line.me/R/ti/p/%40kem4250k

*****************************************
沖縄で唯一の筋膜調整専門サロン
Physio salon   G’hands
フィジオサロン ジーハンズ

〒901-0155 沖縄県那覇市金城5-1-1 Waビル301
 HP :https://g-hands.net
Mail: ghands.okinawa@gmail.com
TEL:080-4315-1423

営業時間
平日:14:00 - 19:00
土曜:9:00 - 17:00
日祝:定休日
※時間外応相談
*****************************************

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA