スポーツ外傷ダンス肉離れ

ダンスの時に痛む「左足の肉離れ」も筋膜調整で解決

LINEで送る
Pocket

 

ダンスって、スポーツその他と比べてもかなりハードな動きが要求されるスポーツ(?)ですよね。

何と言っても、繰り返しの動きが筋肉に及ぼす負荷はとてつもないと思います。

 

今回はそのハードな動きで太ももを痛めたダンサーの報告です。

 

日々激しいレッスンでスキルを磨いている彼女ですが、足上げのパフォーマンスで左の太もも裏に痛みを感じるようになっていました。

 

近くの整骨院にみてもらったら、「軽い肉離れ」ですね、と硬くなった太ももをケアしてもらっていたようです。

 

時間が経過してもなかなか良くならなかったようで、ジーハンズに相談に来ていただきました。

 

ジーハンズでは、痛い部位の硬くなった筋肉だけでなく、からだ全体を細かく調べながら、そして痛めた以前の状況も細かく聞き取りながら、肉離れの「痛みの真の原因」を探っていきます。

 

 

左ももを触ると、確かに硬いです。。。

 

 

筋膜調整は痛い部位にすぐに飛びつきません。

なんで痛くなったのか?なんで硬くなったのか?

そこを大事にしているからです。

 

 

今回の左もも裏の痛みは、

①左足の中指と薬指の間(背側骨間筋)

②左ももの外側(腸脛靭帯)

③左腰の外よりの筋肉(腰方形筋)

④左ふくらはぎの内側(腓腹筋内側頭)

⑤左踵の内側(長母趾屈筋腱)

 

 

を筋膜調整することで痛みがなくなりました。

痛みがある、もも裏には1度も治療介入しておりません。

痛みがあるところをほぐすだけでは、効果が出ないことが良くわかりますね。

 

 

結論的には、左足の内側と外側の筋肉のバランスが要因でした。

爪先立ちが多いレッスンにおいて、筋肉の疲労でバランスが崩れたまま、頑張り続けたことが原因だと思われます。

 

 

足上げのパフォーマンスチェックも痛みなく可能となり、ご本人もビックリされていました。

 

心の中では私もビックリしてましたが 笑

 

 

 

筋膜調整は、痛みで困っている症状の解決の手段になることができます。

 

あくまできっかけであり、今回の場合は、レッスン後のご本人に合ったケアのポイントをしっかり守る必要があります。

最終的には、痛みが出た原因は、生活の癖、動きの癖、そして食事習慣などの生活習慣によるものです。

 

 

痛みの改善をきっかけに、生活習慣まで見直す、予防習慣が浸透することを願って、ジーハンズは日々精進していきます。

 

 

ジーハンズ 比嘉

 

 

G’hands の予約はコチラ
https://g-hands.net/schedule/

料金・メニューはコチラ
https://g-hands.net/menu/

予約がお手軽にできるLINE@会員募集中!
https://line.me/R/ti/p/%40kem4250k

*****************************************
沖縄で唯一の筋膜調整専門サロン
Physio salon   G’hands
フィジオサロン ジーハンズ

〒901-0155 沖縄県那覇市金城5-1-1 Waビル301
 HP :https://g-hands.net
Mail: ghands.okinawa@gmail.com
TEL:080-4315-1423

営業時間
平日:14:00 - 19:00
土曜:9:00 - 17:00
日祝:定休日
※時間外応相談
*****************************************

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA